アルファベットと発音のポイント

  ドイツ語のアルファベート

A a B b C c D d E e F f G g H h I i J j K k L l M m
ツェ エー ット
N n O o P p Q q R r S s T t U u V v W w X x Y y Z z
ファ ヴェ ックス プシロン ツェット

  ドイツ語特有の文字

A U O の上に、テンテンがつくことのは、それぞれの母音の変音で、ウムラウト(Umlaut)という。
ウムラウト無しで、記述するには、AE UE OEと表記する。
文字化けを避けるために、ここでは、A-Umlaut(アー・ウムラウト)を、Ä ä と、U-Umlaut(ウー・ウムラウト)をÜ ü 、O-Umlaut(オー・ウムラウト)を Ö öと記すことにします。

Ä ä       日本語の 「エー」とほとんど、同じ発音。ドイツ語の「E」は、強い音、子供がよくやる「イーだ」に近い。
Ö ö 「オ」を発音するときの口の形で、「エー」と発音する。[オ} [エ]の中間音。
この音が一番微妙、どちらかといえば「エ」に近い。
Ü ü  「ウ」の口をして「イ」と発音する。[ユ]のこもったような音
ß    「エスツェット」と読む。発音は「S」。(サ・スィ・ス・セ・ソ)と清音で、単語の先頭にある事はない。

ドイツ語の発音に関しては、言い出すと言いたいことは、一杯でてくるので、涙を飲んでここまでにしときます。
ただ、ドイツ語のアルファベートで、間違えやすいのは、英語との連想です。A=(アー)、I =(イー)、E=(エー)
が、覚えにくいので注意しましょう。

  ドイツ語特有の文字

  発音のポイント

元気よくはっきりと、くっきり、しっかり、自信をもって発音。(質問は、できるだけ簡潔に)
ローマ字式に読む
アクセントは、原則として第一音節にある。
                               

ドイツ語が使われている地域                                  
ドイツ、オーストリア、スイス、リヒテンシュタイン、ルクセンブルクで公用語
 あと歴史的な関係で、東欧地域でも
ドイツ語は、けっこう通じます。


Copyright (C) Office-Danke All Rights Reserved