イツの町には、人々の集う無数の「カフェ」があり、憩いの場となっている。そのなかでも、ケーキの味  や、 品揃えに重点を、置いている店は、「コンディトライ konditorei 」と言われる。ドイツ人は老若男女問わず、甘いものが、大好きで、午後の時間、幸せそうに、ケーキをほおばっているのを、目にする。

 
イツのケーキの特徴は、生地にナッツやアーモンドが使ってあって、どっしりと食べごたえがある。1個のボリュームは、大きい。フルーツケーキに、使われているくだものは、日本人には、酸っぱく感じることが多いようだ。どこで食べても美味しいのは、りんごを使ったもの。

文の仕方ホイップされた、生クリームが大量についてくる。しかし、砂糖は入っていないので、見た目より、軽い


 まず、ケーキの並ぶショーケースの前に立ち、
Ich mochte das    イッヒ  メヒテ  ダス  といって、好みのケーキを指さそう。

 店の人が、あなたの頼んだケーキの注文を、書いた小さな券をくれる。その際、生クリームを
つけてほしかったら、
Mit Sahne , bitte .  ミット ザーネ  ビッテ   と言おう。
ホイップされた、生クリームが大量についてくる。しかし、砂糖は入っていないので、見た目より、軽い


席について、飲み物を、注文するとき、ケーキの券を、差し出す。
ドイツ人は、コーヒー党。深めに炒ったコーヒーは、こくがあって、とてもおいしい。
紅茶(Teeテー)は、水があわないのか、おいしくない。ガラスのカップで、ティーバッグのまま、
出てくることが、多い。


もし、ポット(3ユーロくらいするが、2杯以上、入っている。)で、コーヒーを頼みたかったら
Ein kannchen Kafee, bitte, 
アイン ケーンヒェン カフェー、ビッテといおう。


 店の人が、飲み物とケーキを持ってきてくれるが、支払いは、食べおわってから、
レストラン編と同じように、勘定する。





Copyright (C) 2001-2007 Office-Danke All Rights Reserved