日本では、大のおとなが、食べ歩きをしていると、ちょっとはばかられる感じがあるが、
ドイツではおおいばりでドイツでは、胸をはってオトナもトライ。
こうしたファーストフードは、2ユーロくらいとお手軽


ブラート
ヴルスト(Brat Wurst) 焼きソーセージ。ドイツに来られたら、ぜひ屋台焼かれているあつあつを一度は、御試しあれ。炭火で焼くと独特の香ばしさが出るのだ。

パンにからしを塗って、ソーセージをはさんでくれる。
これは、クラカウワーというソーセージ。香ばしく身のつまったしっかりした味。2つも食べたら、おなか一杯だろう。

カッチイの好きなファーストフード
焼きソーセージの他にもドイツには、立ち食いしたいものが、続々あって楽しい。


おいしそうでしょ。これが、ドイツで有名な魚屋「Nordsee ノルドゼー」のコロッケパン。「Bremer ブレマー」ちょっと海老が入っていると思う。ケチャップにオニオンリング、レタスがはさんであるので日本人には、食べやすい。

かたつむりという意味の「Schnecke シュネッケ」イースト菌が入った生地で、甘いお砂糖のシロップがのっている菓子パン。カッチイは、これが大好きで、パンやさんによって味が違うので、ドイツに行ったらいろいろ試すのを楽しみにしている。




カッチイのある日のお昼ごはん、レーバーケースをはさんだパンとじゃがいもサラダとりんごジュース。レーバーケースは、なめらかな肉のペーストを焼き上げたもので、優しい味で日本人の口に合う。お昼は、こんなんで簡単に済ませ観光に精のもいいかも。





Copyright (C) 2001-2007 Office-Danke All Rights Reserved