ドイツのマルクトが大好き!

 マルクトとは町の中心の広場で開かれる朝市のこと。

 いたい週に2度くらい晴れの時、開かれる。
マルクトでは、近くの農家の人が、とれたての新鮮野菜を売る。チーズ屋さん、花屋さんも出ていて
,売るひと、買う人のやりとりがあり、活気がある。
ドイツの野菜は、土がついていて、形もいびつだ。野性味があるというか(笑)総じて、皮が日本より厚く大きい。きゅうりの大きさなどには、目をむかれるだろう。

 青空もと、マルクトをぶらつくのは、楽しい。
日本では、珍しい、ちょっとおしゃれな野菜とされているチコリや洋ナシがふつうに売られている。果物1個でも、買えるので、季節の果物を、買うのは楽しい。

野菜のみずみずしさが目にまぶしい。 女の子のきゅうりの大きさに注目!

マルクトでは、売る人から、買う人へ手渡される。 はにかんだ笑顔は、可愛いかったよ!

マルクトでのお肉やさんは、珍しいほう。 ドイツの鶏は元気よく走り回ってます。
だから卵も新鮮。

さすが、じゃがいもの国、種類もいっぱいある。 マルクトには、花屋も出る。
とってもきれい!




Copyright (C) 2001-2007 Office-Danke All Rights Reserved