イツのスーパーには、当然ながら日本にないものがイロイロ。店内を探検して面白いもの、美味しいそうなものを探そう!瓶詰めのものは、割れるからと敬遠されがちだけど、手荷物にすれば大丈。こういうものこドイツのお土産にいい!

 
菜や、果物は、はかりに、自分ではかって、うすいビニールの袋にいれ、値段のシールを張る。
ドイツには、タバコ販売機以外に、自販機はないので、缶ジュースなど、飲み物など欲しければ、駅か、スーパーで、調達しておく必要がある。

 先でも、食べやすいチーズ、ヨーグルトなど、乳製品は、おすすめ。しかし、スプーンなどつけてくれない。(ナイフフォークの一そろいは、持っていくと何かと便利。そうか、飛行機のなかで、ガメちゃうか!)

 ジでは、日本のように、一切ただで、ビニールの袋をくれない。買い物には、ドイツ人は、買い物袋を持参する。ビニールの袋のほか、1−2ユーロくらいで、布袋、いわゆるエコバックも買える。カッチイは、この布袋がけっこう好きで、各地のお店のを持っている。

 さて、カッチイのお気に入りのスーパーで買える食品をご紹介しよう。使いさしを撮ってしまうのだから、度胸だね。

  画像に、カーソルをあててクリックしてください。別ウィンドウが開いて、画像が大きく見えます。

これは、さとう大根のシロップ。
ドイツに昔からあるもの。
ちょっと黒蜜のような味がする。パンにつけるだけでなく、肉をグリルする時の隠し味にも使うそう。
はちみつは、ドイツのものは、すごく味が濃くておいしい。バタートーストに、はちみつを塗って食べるとすごくおいしい。
ひとビンくらいなら
重くても持って帰るべし。
ヌテラは、もう日本でも輸入されているからおなじみかもしれない。
ヘーゼルナッツのチョコレートスブレッド。子供が大好きな味。
ドイツ在住の友達に教えてもらったトマトとバジルとナッツの入ったペースト。
スパゲティソースにしたら最高
。kattus の「Pesto Rosso」なのだ。
クヌーデルは、じゃがいもだんごだけれど、本当は、作るのがとてもデリケート。
こういうインスタントに頼ったほうが失敗しないで作れると思うのだけど。
ドイツではとてもポピュラーなレンゲ豆のスープ。レンゲ豆は日本で手に入りにくいから、こういうのを買って帰る。豆のスープって独特。食べたあと充実感があります。



Copyright (C) 2001-2007 Office-Danke All Rights Reserved