ドイツ料理がまずいというのは、うそ!
日本人の口にあうものだってたくさんあり、郷土色も豊かである。ドイツ料理は素材の持ち味を生かした味わいで、素朴ながら奥深く満足するにちがいない。
 
冬が長く、きびしいドイツでは、半加工の保存食が、発達した。ソーセージ(Wurst ヴルスト)ハム( Schinken シンケン )や、魚の燻製などが、その典型。さすがに、ドイツ人の食に対する工夫の結晶で、種類も多く、その味は、ピカ一。
 
また、パンも  素晴らしい。ライ麦などを使った黒っぽい健康パンは、かみしめるほどに、香ばしく、豊かな味わい。チーズと抜群の相性である。
 
 



Copyright (C) 2001-2007 Office-Danke All Rights Reserved