イギリスの旅行・出版会社であるトーマスクックの時刻表をはじめ、各種鉄道パスの案内をするサイト、鉄道が大好きな人たちのこだわりの鉄道サイトを紹介する。
トーマスクック
まあ、ヨーロッパ鉄道時刻表として、これは基本でしょう。各国鉄の鉄道料金の目安、予約の仕方、主要駅構内図などオリジナル記事も掲載。ただ、ローカル線の時刻表までは出ていないこともある。万能ではないことに、留意。
Rail Europe ヨーロッパの鉄道のパスやチケットを販売促進する機関のサイト。鉄道パスについての詳細については、このサイトがべスト。
>Fare & Schedule には、ヨーロッパの都市間の移動距離、所要時間(発着時間もわかる)、ドル建て料金を検索できて、大変便利。
ヨーロッパ鉄道パス
&乗車券
「アルキカタ・ドット・コム」のヨーロッパ鉄道のページは、各種パスほか、プレミアムトレインの切符もオンライン購入できる。
鉄道パス:
欧州エキスプレス
ヨーロッパ鉄道パス検索で、最適パスが、ヨーロッパ検索区間検索で、希望区間料金がわかり、大変便利。
みゅう
インフォメーションセンター
目次から>鉄道の旅から、ヨーロッパ鉄道パス、ヨーロッパの特急列車の詳しい説明が得られる。
Büro 777 鈴木さん(じょーんずさん)の「Büro 777」は、盛りだくさんのページだが、そのなかの「Viel Spass Deutschland」は、ドイツ鉄道旅行、ドイツ空の旅などは、ドイツ旅行で、交通機関を使いこなす上で参考になる情報が満載だ。ドイツ語圏のミュージカルの観劇記録なども貴重。「空の旅の記録」などみると、かなりの飛行機マニアともお見受けする。
野田隆のホームページ Welcome to Noda Takashi's Home Page 東京書籍から、ドイツ=鉄道旅物語など、ヨーロッパの鉄道をテーマに著作の多い日本旅行作家協会会員の野田隆さんのページ。野田さんの著作の裏話や、最近の活動などの報告がある。
白川純の鉄道個人旅行 鉄道ファンの白川さんのヨーロッパ鉄道を楽しむための情報満載。現地ニュースにも気を配っている。
ようこそドイツ鉄道サイトへ Railway in Germany 鉄道ファンを、「てっちゃん」と言うそうなのだが、偉大なるドイツ鉄道マニアのページ。ドイツの車両、ドイツの列車、鉄道模型について、これほど詳しいサイトはないだろう。ドイツとヨーロッパの鉄道ファンの情報交換の場にもなっている。
各国鉄道オフィシャルHP

ヨーロッパの各国鉄道サイトは、各国ご自慢の高速列車の案内や、時刻表の充実に努めている。どのサイト上から、チケットの予約ができるように設定されているところがほとんど。よく駅についただけでもその国のにおいや雰囲気というのもが感じられると言われるが、それは各国鉄道サイトを開いても、同じ。お国振りというのを感じさせられる。英語版のあるページは、英語版のページで、挙げた。
国際鉄道連合(UIC) 鉄道における世界的レベルの協力体制を構築する目的で作られた国際鉄道連合(UIC)のHP。旅客。貨物、インフラ、技術などに関するデーターベースが主だが、>Timetables は使える。出発国と到着国を指定すると該当区間を走る電子時刻表を出してくれる。
DB:ドイツの鉄道 身びいきかもしれないが、ヨーロッパの鉄道サイトの中でも中身の濃さ、使い勝手からしてダントツの1位だと思う。ハイテク機能を駆使したドイツの新幹線ICEには、ぜひ乗ってみたくなるはず。
ÖBB:オーストリアの鉄道 内陸国オーストリアの鉄道は、ドナウの流れに沿い、チロルの山並みをぬって走る。ツィラータールの蒸気機関車にぜひ乗ってみたい。私鉄の時刻表も検索できる
SBB:スイスの鉄道 スイスの列車は、時刻正確、車両清潔で、快適このうえない。アルプスの真っ只中を走り抜ける氷河特急は、1等のパノラマ車両に乗れれば最高。登山鉄道は、多彩でどれも魅力的。
BRI:イギリスの鉄道 イギリスの鉄道は、車両とプラットホームの間に段差がないことや、コンパートメント形式でなく、オープンサロン形式であることなど、他のヨーロッパの国々の鉄道とは違うところがある。
SNCF:フランスの鉄道 フランスの鉄道は、パリを中心に、放射線状に幹線がのびている。世界最速のTGVや、ロンドンとつなぐユーロスターなどが魅力的な列車の食堂車で、おフランスなランチをとるのが、夢。
NS:オランダの鉄道 >Station Facilities の項では、駅の構内・設備案内がある。アムステルダム郊外のホールンから、メデンブリックまで、緑の平地を走るミニSLがある。遊覧船と組み合わせて旅行を楽しむこともできる。
NMBS/SNCB:
ベルギーの鉄道
ベルギーのご自慢は、ワインレッドの高速列車タリス。パリ-ブリュッセル-アムステルダムを結ぶ。>in the spotlightには、イベント、キャンペーンなど、お得な情報があるので、要チェック。
FS:イタリアの鉄道 ブレンナー峠を越えて、オーストリアのチロルや、イタリアン・リヴィエラを経てニースに向かうルートなど、ドラマチック。イタリアを南下するとやたらとローカル。列車の旅で、イタリアの素顔に触れることができる。
RENFE:スペイン国鉄 スペインの高速列車AVEも素敵だが、、マドリッドと地中海沿岸を結ぶ最新のアラリス(Alaris)は、カーブでも高速運転が可能な振り子式の機能を持つ。この他、タルゴ200、IC、ユーロメッドも全席予約制。英語ページでは、時刻表を調べられる。
CP:ポルトガル国鉄 すべてのページが英語版が対応していないが、時刻表はEnglishをクリックすると、英語で使える。ポルトガル国鉄は、首都リスボンから、ポルト酒で有名なポルトまで結ぶルートが、一番の幹線。ローカル線は、本数が多くないので注意。
DSB:デンマークの鉄道 デンマークは、北海につきだしたユトランド半島と多くの島からなる。列車と航走のフェリーが、つないで移動の手段となる。海を見渡す時間があるのは、爽快。
NSB:ノルウェーの鉄道 世界最大のゾグネフィヨルドクルージングのあと、フロムから、ミュルダールまで山岳鉄道フロム線が、景色が、ノルウェーでも美しいことで有名。>Journey Plannerが、時刻表として使える。
SJ:スウェーデンの鉄道 北欧の人の体格に合わせて大きな車体に驚かされるスウェーデンの鉄道。>Travel tips など旅行のヒントが親切。北極圏のキールナ-ナルヴィック(ノルウェー)は、ヨーロッパ最北のルートは、」雄大な自然を満喫できる。
VR:フィンランド国鉄 ロシアへの列車の案内が出ているのは、この国ならでは。Euro Domino Scan Rail のお得なレイルパスなど面白い。Newsは、とにかくチェック。
バス
     
とことこ長距離バスの旅は、鉄道とはまた違った旅情が楽しめる。理想は、「深夜特急」の沢木耕太郎さんのようなバス旅行。(それを一人旅紀行として演じた大沢たかおくんも素敵でした。大はあと!)それほど過酷なバスの旅でなくても、クルマのない人には、列車が行きにくいところをヨーロッパバスで、回るのは、なかなか賢い手。日本人ガイドさんがいたほうが安心な人は、JALや ANAの観光バスに乗るのがオススメ。

Eurolines ヨーロッパ長距離バス「ユーロラインズ」社のページ。ヨーロッパ25カ国、500都市を結ぶ。便利で安価なパスで、自分のペースで旅行できる。
ヨーロッパバス ロマンチック街道・古城街道を走るドイツのヨーロッパバスを運行するドイチェ・ツーリングのページ。時刻表、料金表を見ることができる。(ドイツ語)
JALユーロエキスプレス 日本語で安心に、バスの旅をしたい人にぴったりなのが、JALユーロエキスプレス。ヨーロッパ内15ルート用意されている。
traveline バスのみならず、鉄道、飛行機、フェリー、地下鉄などの英国公共交通機関総合情報ページ。英国国内、アイルランド、ヨーロッパをつなぐ。(英語)
Transport for London ロンドン交通機関総合情報ページ。バス、地下鉄、テムズ川遊覧のルート、料金、地図ほか、旅行者に役立つ情報が満載。便利で使いやすい。(英語)
Swiss PostBus 黄色いボディとホルンでおなじみのスイスのポストバスは、スイス中をくまなく走っている。スイス・ポストバスのホームページ。(英語)
イタリア・シエナ基点の
バス旅行
イタリアのシエナを中心とするイタリア国内長距離バスの発着時刻表。

ちょっと面白いサイトを紹介

Routes International 飛行機、列車、バス、船という交通機関に関するユニークなリンク集。世界をカバーする。Additional Menuには、身体障害者のための旅行の項もある。
ドライブ

車の運転の得意な方は、ドイツのアウトーバーンをすっとばしてみたいという希望もあるでしょうが、カッチイは、ドイツで、運転免許試験に落っこちたので、ドライブを語るには、実は、トホホなんです。(泣)乗せてもらうのは、大好きよ。でも運転しない・できない人は、ナビゲートするのは下手みたいね。ガイドしていたころ、ドライバーさんに道案内するのは、ド下手でした。さて、ヨーロッパをドライブするのにお役立ちページを、国別に一挙公開。

AVIS:レンタカーガイド 国際免許の取りかた、空港でのクルマの借り方、返し方、世界の道路標識などの海外レンタカーお役立ち情報。
FIA(国際自動車連盟) 世界116カ国の自動車連盟を統合する(日本のJAFも)国際自動車連盟のHP。海外のドライブ事情が詳しく紹介されている。
Shell Geostar シェル石油サイトのRoute Plannerは、出発地-目的地を入れると両区間を結ぶ最短ドライブルートを出してれる。シェルガソリンスタンドの位置も。(英語)
Via Micheliln (英語版) レストランランキングで有名なフランスのミシュラン。ドライビングルートにあった地図、ホテル、レストラン情報も豊富。登録すると自分なりのルーティングつくりに便利な機能がある。(英語版)
ヨーロッパアルプス峠
ドライブ写真紀行
ヨーロッパアルプスの主要TOP峠を走破するという野望を遂げんとする北村さん夫妻のページ。峠ということをテーマにドライブされるというのは、とてもユニーク。パノラマ写真紀行のほか、ビデオデータもあり、ますますパワーアップ。
イギリス・ドライブ旅行ガイド イギリス中をドライブされた新浜さんご夫妻の実践的ドライブガイド。道路・標識やB&Bなど宿泊施設のことや、50音Indexの観光情報も豊富。
A la フランス
「All About Japan」のフランスのガイド、赤木さんのページは、個人サイトもお持ちです。。赤木さん以上のフランス・ドライブ・エキスパートは考えられません。
レンタカーを使ってみようと
いう人のために:
イタリア
イタリアで、クルマを借りる、イタリアを走る際の注意、お役立ち情報が、細かい気配りがあって嬉しい。
快適旅行術:レンタカーを乗りこなす イタリアをレンタカーで走るための具体的な注意、ヒントがよくまとめられているページ。

GOGOドライブ

「バウムクーヘンははかりうり」のやすもとさんのデュッセルドルフを起点としたドライブと旅行のページ。デュッセルドルフに駐在する人には、おでかけドライブのとても良きガイドブックになるだろう。ドライブで、驚くほど各地のMUSEUMを訪れていらっしゃる。
ヨーロッパ ドライブ旅行 オーストリアを中心としヨーロッパドライブ旅行術。左ハンドル操縦法や、恐怖の山岳道路ドライブ経験などが、貴重。
ON THE SWISS ROAD スイスをバイクツーリングされたRitchieさんのページ。ジュネーブからスタートしたドライブも敢行。バイク好きな人は必見!

サイクリング

これまた、カッチイが語る資格のない乗り物なんだけど、(いまさら、自転車にノレナイなんていい出せなくて、幾年ぞ。)
カッチイのドイツ語の生徒さん兼友達だった、Kさんは、自転車が大好きで、ドイツでも、自転車をアシにしてミュンヘンを駆け回った。類は類を呼ぶのでありましょうか?彼女は、自転車で、ユーラシア横断旅行していたドイツ人の女性と、大阪で知り合いなった。ドイツ人のドリスさんが、淀川でキャンプしてたところを話し掛けたのだ。二人は、意気投合して、Kさんは、何度もドリスさんを訪ねている。二人で、ツーリングを楽しんだそう。ヨーロッパの人に、チャリンコは、日本以上に愛されている

ECF European Cyclists' Federation ヨーロッパサイクリスト連盟(ECF)のページ。ヨーロッパ各国でのサイクリングツアー、ロードレースが一挙掲載。各国語がある。
ドイツRUN学事始め ドイツの自転車事情。ドイツの走り方など、自転車旅行する人の気持ちになった丁寧なアドバイスが得られるページ。
交通・自転車 
(ドイツ環境情報のページより)
ドイツの環境問題を扱われているサイトの交通・自転車
の項の「自転車小旅行」には、ドイツの国鉄に自転車を持ちこんでの体験談が語られている。
Discovering Germany by Bike ドイツ政府観光局の英語版には、ドイツをサイクリングするのに最適なルートやヒントが多く提案してある。
英国自転車旅行のススメ 自転車をこよなく愛するこって牛さんのサイトの自転車の項から>英国自転車旅行のススメには、イギリスサイクリングのhow to情報が満載。

リンク集のトップへ


Copyright (C) 2001-2007 Office-Danke All Rights Reserved