ハイデルベルク (Heidelberg) は、南西ドイツ、バーデンヴュルテンブルク州のオーデンワルドの森の端にに位置し、ライン川の支流であるネッカー川が流れています。この町は、何より選帝侯の居城だった古城と、ドイツ最古の歴史を誇る大学のある街としてて有名です。第二次世界大戦の被害は、受けていませんが、戦後アメリカ軍が、駐屯し、NATOの事務系統の総司令部が置かれている基地の町でもあります。
 人口13万9300人のうち、アメリカ人軍関係者が、約2万人、学生が、2万5800人、大学町としての活気があります。そのうち、約3000人が外国人留学生で、その出身国は、世界80カ国にわたるということです。総合的に言って、大きくもなく小さくもない中都市で、住みやすい街といえます。



穏やかな気候で、雪もそう積もることなく、ドイツのどこよりも早く春の花が咲くとも言われます。3月にすでに、アーモンドの木が、満開になって、日本の桜みたいだといつも思っていたものです。

工業は、そう盛んでなく、(大学が最大の雇用者というのですから)、文教都市で、古城街道上にある年間350万人もの観光客が訪れる観光の町でもあります。日本の「熊本」が、友好都市となっています。
 実際、ゲーテから、アイヘンドルフ、ヘルダーリンなど、多くの詩人や芸術家が訪れた町であり、日本のオールド・ドイツファンに人気のある、マイヤー・フェルスター作の「アルトハイデルベルク」の舞台でもあります。
 赤いレンガの旧市街の町並みと、ネッカー川と古城と緑のおりなす美しい調和は、今なお変わることなく、私たちを惹きつけてやみません。「私は、ハイデルベルクに心をおいて来た」という有名な歌がありますが、このロマンチックな街に心を奪われるのは、私だけではないはずです。
ハイデルベルクへのアクセス

鉄道
 鉄道では、空港からフランクフルト中央駅まで出て(約20分)ハイデルベルク中央駅まで、IR急行、IC、で1時間前後。またマンハイムに停車するICEにハイデルベルク行きに乗りかえると、少し時間短縮できるかもしれません。ただし特急券要。時間と料金とのスケジュールの兼ね合いですが、本数はありますので、不便なく到着できると思います。
ちなみにハイデルベルクから、汽車でスイスのバーゼルまで、2時間30分、フランスのストラスブルクまで、3時間足らず。ヨーロッパ各都市へ交通の便は、とても良いです。

バス
 空港の第一ターミナルCホールの地上階(到着ロビー1階)から、ハイデルベルク行きのルフトハンザエアポートサービスのバスというバスが1時間に1本くらいの出ており、これに乗れると荷物を持たずに移動でき、実はこれが一番便利です。
到着するのは、ハイデルベルク中心(ビスマスク広場より近い)のCrowne Plaza Heidelberg
ホテルの裏口に着きます。

Kurfurstenanlage 1
69115 HEIDELBERG
DEUTSCHLAND
Tel: +49 62 2191 70
Fax: +49 62 2121 007

 ここには、ルフトハンザの小さなオフィスがあり、逆にルフトハンザ利用の場合、空港バスで、空港に行くにも(だいたい1時間おき)大変便利。ここでチェックインができます。荷物の世話がもうこの時点で要らなくなります。


 フランクフルト空港から、ハイデルベルクまでは、約90km。45分。レンタカーに乗車したら、アウトバーン(高速道路)A5に乗り、ハイデルベルクの出口まで走り続けます。ZerntrumかStadtmitteの看板を目指して、町なかへ入っていきましょう。
 逆に、ハイデルベルクから、フランクフルト空港に向かうならば、鉄道以上に便利なのはエアポート・サービスAirport Service の乗合タクシーである。事前に(2日前)電話予約が必要ですが、(何時にどこで、ピックアップしてもらうか確認。英語OK)40マルクで行ってくれます。
エアポート・サービス Airport Service (06221)-770077

ハイデルベルクの中央駅

ハイデルベルクの中央駅付近はは、戦後開発が始まった比較的新しい地域で、ロマンの町を裏切るような殺風景な印象を、持たれるかもしれません。それでも、最近ツーリストに便利なように改良されてきています。有料トイレ(2マルク)、レストラン、カフェ、日用品費用を売るスーパーや、日本語の新聞も売っているスタンド、本格的なブックストアなどがそろうようになりました。駅を出たところに、大きな郵便局もあります。

 「Reisezentrum」と看板がかかってところが、切符売り場。けっこう込み合うので切符を購入する人は、早めに並ぶこと。ジャーマンレイルパスも、購入できます。

実は、クレジットカードのみの決済で、切符が買える自動ATMがあります。★左の写真

説明は、英語もありますが、押し間違いに注意してください。発券してしまったら、やり直しはききません。
ドイツ人でも、このATMを使いこなす人は、多くないようで
(クレジットカード決済がいやなのか?)こちらは、たいてい、がらがらに空いています。


中央駅のコインロッカー
その日のうちに、移動するなら大きな荷物を、駅のコインロッカーに入れて、観光するととても楽。
ハイデルベルクに設置されたコインロッカーは、とても近代的です。
★右の写真
今は、案内表示に、日本語もある。ロックするとカギではなく暗証番号が書かれたシートが出てきます。
再び取り出すとき、その番号を入力する必要があるから、失わないようにしてください。

中央駅の両替
ここの両替所は、駅なので、月-土 7a.m.-8:30p.m  日、祝日 9a.m-1p.m.
土曜日、日、祝日に両替できるのは、ここだけです。
レートは、市内銀行と変わりはありません。

ハイデルベルクのツーリストインフォメーション
 大部分の人が、鉄道で、ハイデルベルク中央駅に着くことが多いでしょう。
 駅に着いたら、まず出たところ左手にあるTourist Informaitonに行って必要な情報、地図などをもらいましょう。
Tourist Infomaiton
Willy-Brandt-Platz 1 (am Hauptbahnhof)
D-69115 Heidelberg
Tel :+49 (06221)19433
FAX:+49 (06221)1388111
URL:www.cvb-heidelberg.de
開館時間: 4/1-10/31 月-土  9:00−19:00
               日 祭日 10:00-18:00
       11/1-3/31 月-土  9:00- 18:00  日曜日、祭日休み

ホテルの予約料   3ユーロ前後  部屋料金の8%前払い 

市内交通

ハイデルベルク中央駅は、町の西にあり、中心の旧市街に行くには移動しなければなりません。
駅から、旧市街への市電、バスともに、共通の乗車券で、3.5マルク。乗り場にある青色の切符自動販売機で買うか、運転手さんから直接購入することもできます。乗車後、乗降口にあるオレンジ色の改札機に差し込んで、時間をパンチしないと有効にならないので気をつけてください。

駅から中心のビスマルク広場まで
バス33/34 (Ziegelhauzen方向)
バス11(Karlstor方向)
バス21(kohlhof方向)
市電1(Handschusheim方向) 中央駅から4つめ 
市電は、バスよりゆっくりめに走るのでお勧め。
バス41/42 (Universitaetsplatz方向)

 
割引チケット
 私が、ハイデルベルクの観光ガイドしていた頃、観光局の会議で、「わが町を訪れる外国人観光者数の第二位の日本人観光客は、平均滞在日は0.7日。」と観光局長が、発表したのですが、まわりから、ハアーとためいきが出ましたね。忙しいツアーで、さっさと次の町へあわただしく移動する我ら同胞のことは、つとに有名でした(笑)
ハイデルベルクを、せめて2日以上、めいっぱい楽しんでもらうのに、威力を発揮するお得なカードを紹介します。

チケット24プラス Ticket 24 plus
 市内3区間 6ユーロ。月曜日から、金曜日まで、改札機を通過後24時間有効。週末は、土曜日から日曜日の終業時間まで2日間有効。この「チケットプラス」を、月曜日から金曜日までの午前9時以降、および週末、祝日に、グループチケットとして利用もでき、年齢制限なしに、最高4人までの同伴者が無料で、同乗可能乗り場にある切符自動販売機で購入できます。

3日間有効チケット 3 Tageskarte
 市内3区間 12ユーロ
改札を通した当日とをれに続く2日間有効。ただし、「チケット24プラス」と違い、同伴者の同乗は、認められません。
これも切符自動販売機で、購入できます。

 
ハイデルベルクカード
 ハイデルベルク城入場料無料。その他多くの博物館、美術館で割引で、とてもお得。
「ハイデルベルクカード」は、中央駅のツーリスト・インフォメーションか、主要ホテル、自動販売機で購入できます。

このカードは、2日間有効チケット、大人1人、12ユーロ、(ファミリーカードとして、大人2人と子供2人 24ユーロのものも)。4日間有効チケット、大人1人、24ユーロがあります。これでケーブルカーを含む公共交通機関(バス・市電)期間中、乗り放題、シティガイドとハイデルベルク市内地図のついた「ハイデルベルク ザ・マガジン」がもらえて、ハイデルベルク城(内部ガイドツアー含む)他、12の博物館、観光施設の入場料無料になります。

今年からいくつかのホテル・レストランの施設利用や飲食代の割引も加わるようになりました。これを利用しない手はありませんね。ハイデルベルクカードは、駅前のツーリストインフォメーションか、たいていのホテル、HSB(市電バス切符自動販売機)で、購入できます。関連サイトのハイデルベルクの観光局のページから、予約することも可能です。

 
タクシー
 タクシーは、中央駅や主だった広場からのタクシー乗り場から乗ります。
しかし、タクシーセンターに電話して迎えに来てもらうことも出来ます。
タクシーセンターは、英語でもOK。自分の居所と、名前を告げること。無線で、近くにいるタクシーに連絡が入り、10分くらいできてくれます。
タクシーセンター Taxizentrale  (06221)-302030

内観光ツアー

日本からのツアーでは、日本人ガイドが説明しますが、現地でローカルガイドの案内で、冷暖房付きのバスでひととおり観光してみてはいかがでしょう。ドイツ語・英語徒歩ではいけないところも網羅しています。

費用: 大人22マルク 子供(6歳ー12歳)17マルク
所要時間: 約2時間
ルート:中央駅、 新大学地区(Neuenheimerfeld)、 ビスマスク広場、中央駅、古い橋、旧大学校舎、
ハイデルベルク城
集合時間:4月から10月 木、金 午後2時  
                土 午前10時と午後2時  日と祭日 午前10時
11月から3月 土 午後2時
前売り券ならびに予約:中央駅前のツーリスト・インフォメーション

貸し自転車

中央駅にもずらりと自転車がおいてあって、ドイツ人がいかに自転車が愛用しているかわかるでしょう。
自分の力でこいで、風を切りたい人は、自転車を借りてみては。

貸し自転車屋
「PerBike」
Bergheimerstr.125
69115 Heidelberg

駅からなら、まっすぐ北へ、ネッカー川を目指して、歩くと市電やバスの通る大きな通りにでます。
それが Bergheimerstr です。
月-金 午前9時から、午後6時まで
4/1-10/31 土 午前9時から、午後1時まで
Tel. (06221) 161148
Fax. (06221) 161109




Copyright (C) Office-Danke All Rights Reserved