旅のプランニング

|ドイツありのまま
交通郵便|いついくか|地図航空券ツアー情報どこへ泊まるか
オカネのこと通信トラブル対策リンク集
 いつドイツに行けるかは、社会人の場合は、いつ、お休みが取れるかにかかっていると思うが、ドイツの祝祭日にも注意を払おう。旅行時期の気候と、ドイツ旅行を、検討してみよう。



 ドイツの祝祭日を把握しておくことは、大事である。旅行計画を立てるときに要チェック!
ドイツは、州によって祝祭日が異なる。5月1日のメーデーと10月3日のドイツ統一記念日以外は、キリスト教の祝祭日で、毎年日付けは、変わる。

 特に、クリスマスとイースターと聖霊降誕祭は、三大祭りで、子供の学校は、これらの祝祭日の前後、2週間ほどの休みになる。旅行者にとっては、祝日にあたると、商店などは閉まってしまうので、町は、閑散として活気がないように感じられるだろう。レストランは必ずしも閉まっているとは限らない。美術館・博物館は比較的開館している場合が多い。

 ドイツ人のファミリーは、子供の学校の休みに応じて、旅行したりするので、宿泊施設も混むことが大いにあるので、注意したい。
 

2018年
1月1日 新年 Neujahr
3月30日 聖金曜日 Karfreitag
4月2日 復活祭月曜日 Ostersonntag
5月01日 メーデー Maifeiertag
5月10日 キリスト昇天祭 Christi Himmelfahrt
5月21日 聖霊降臨祭 Pfingstsonntag
10月3日 ドイツ統一記念日 Tag der Deutschen Einheit
12月24日 クリスマス・イブ                 Heiligabend
12月25日 クリスマス Weihnachtstag
12月26日 クリスマス Weihnachtstag
●ここに掲載する祝祭日は、ベルリンにおける祝祭日。ドイツでは、州により祝祭日が異なる
   曜日は必ず木曜日〜次の週の火曜日までと決まっている。

夏時間と冬時間

夏時間 (Sommerzeit) は、3月の最終日曜日の午前3時が午前2時になって始まる。

(日本との時差−7時間 日本のほうが、7時間進んでいる)
冬時間 (Winterzeit) は、10月の最終日曜日の午前3時が午前2時になって始まる。
(日本との時差−8時間  日本のほうが、8時間進んでいる))





 ドイツは、日本より、北に位置するが、大西洋を南から、北上するメキシコ湾流が、暖かい偏西風をもたらし、緯度のわりに、温暖である。気候的には、内陸にいくにしたがって、海洋性気候から、大陸性気候へと変化していく。そのため、気温は、夏は、緯度と平行して、北にいくほど、低くなるが、冬は、内陸のほうが、気温が下がる。たとえば、1月の平均気温を見ると、ハンブルクが0.3度であるのに、ミュンヘンは、-2.2度と低い。一年を平均して、降雨があり、明確な雨季はない。


 春(4月―5月)
4月中は、朝晩冷え込む日もある。復活祭(毎年、若干変わる)は、ドイツでは、重要な祝日。休館日に気をつけよう。ドイツ人も、子どもの休みに合わせて、旅行するので、観光地は込む。ライン川下りの遊覧船は、3月下旬より、ヨーロッパバスも、4月より、運行する。5月は、長い春をやっと超え、いっせいに緑が、芽吹く一年中で、美しい季節。日本では、ゴールデンウィークあたりに、いっきに、航空券代が、はねあがるのが、痛い。

 夏(6月―8月)
何といってもベストシーズン。日本のような梅雨はなく、雨は、降るといっても、通り雨。からりとした、さわやかなお天気。特筆すべきは、日照時間で、夜9時ころまで、明るいので、めいっぱい街を歩ける。メルヘン街道の、催しものや、音楽祭は、戸外を舞台にすることが、多いので、夏のみの実施。
5月中旬から、6月下旬まで、航空券代は、まだ、上がらないので、この時期に、出かけられたら、ラッキーだろう。8月まで、航空券代が、うなぎ上りになるのは、致し方ない。

 秋(9月―10月)
9月に入ると、ロマンチックな秋としゃれこみたいが、天気のほうは、不安定。めっきり、寒くなる。10月には、冬時間に移行し、急に日も短くなる。ワイン祭りや、民俗祭りが、多いが、これらの、戸外の祭りも盛上がりは、天気次第。

 冬(11月―3月)
いわゆるオフシーズン。内陸部は、厳寒といっていい。完璧な防寒の用意が必要。南部のアルプス山脈に近くなるほど、頻繁に、雪が降る。 しかし室内は、暖かくしてあるので、ご安心を。クリスマスを迎える4週間前から、アドベントという時期に入るが、各地で、クリスマスマーケットが開かれ、街は華やかに、活気づく。航空券も、安いし、コンサートや、美術館や、博物館めぐりなど、室内での楽しみに的をしぼれば、穴場の時期といえる。クリスマスは、キリスト教国のドイツにって、最大の祝日。散らばっている家族も、この日ばかりは、帰ってきて、家族でお祝いする。 旅行者にとっては、クリスマスから、お正月までは、店は休みが多く、さびしい時期。




WetterOnline  ドイツの現在の天気がわかる。左のメニューバーから、調べたい都市をクリックすると、その都市の3日間の天気予報が示される。ドイツ語だが、絵でほとんどわかる。わかりやすいサイトであるのでお勧め。
Wetter.com ドイツのお天気のことが、場所別にわかるだけでなく、旅行やアウトドアのお天気まで、詳しくわかる。たとえば、余暇&スポーツ(Freizeit & Sport)のブンデスリーガのカテゴリで対戦カードを選ぶと、試合の行われる場所と日時の天気予報を見ることができる。ドイツ語だけれど、天気図や示されているマークで、かなり解読可能 (ドイツ語)




出発まで ドイツに行くまでの準備は、怠りなくやっておきたいもの。旅の準備に役立つページを紹介

地球の歩き方  旅の準備と手続き。出発から、帰国まで、いろいろな場面で役立つ情報が網羅されている。




Copyright (C) Office-Danke All Rights Reserved