〜 工房紹介 キューン工房 〜

10,000円以上お買い上げで送料無料 ※沖縄・離島は別途送料
0743-75-8641

お気軽にお問合わせください 平日10:00〜19:00

トップ > 工房紹介 > キューン工房
キューン工房
錫製品の製作過程
(1)材料
キューン工房で、使われる錫は、93%無鉛純錫。

残り7%は、銅が含まれる。
これは、柔らかい性質を持つ錫の補強として使用される。

人体に影響のあるとされる鉛は、一切入っていないのだと、キューン社長は、強調されていた。
(2)鋳型製作:
ドイツの歴史と伝統から生み出された絵柄を、
自社デザイナーが考え、鋳型を製作します。
(3)錫を鋳型に流す
錫は柔らかい金属で、約300度で溶け出します。
溶けた錫を鋳型に流し込みます。

ペンダントに使用している鋳型は、両面で、セットになって
います。

冷めたら型から取り出し、研磨を繰り返して仕上げます。
中世以来伝わる技法で、手間のかかる手仕事をして、深みを出していきます。
(4)色づけ
この過程は、まったくのハンドペインティング。
色はエナメルで色づけしています。
絵柄は、裏・表にそれぞれの配色が施されており1つ1つ手作りで何日もかけて仕上げます。

色付けは、同じ色を3回・4回と重ねて一本一本細部まで塗っていきます。更に、何色も混ぜ合わせて1つの色を作っているため3・4日かけてやっと色付けが完成するという手の込みようです。
(5)完成
キューン工房の錫は、ドイツの習俗を感じさせる絵柄、
丸みを帯びたカタチ、錫ならではの質感、

私たちの心をぎゅっと掴んで離さない可愛らしさに、
あふれています。


 ペンダントはこちら  壁飾りはこちら 


ヘルガ・キューン社長
設立国: ドイツ 

アウグスブルク近郊 
ケーニッヒブルン
設立年: 1960年
キューン工房ロゴ

あなたのお好きな錫の絵柄を見つけて、長くお使いいただけると幸いです。
最高の品質を保証します。

当社の製品は、環境に配慮した高級錫を使用しています。
錫の小さな世界を通して、変化に飛んだ旅を、お楽しみください。