キューン 紹介

10,000円以上お買い上げで送料無料 ※沖縄・離島は別途送料
0743-75-8641

お気軽にお問合わせください 平日10:00〜19:00

店名

ショップ・ダンケ

住所

〒630-0261
奈良県生駒市 西旭丘12-28-301

連絡先

0743-75-8641

トップDankeお役立ちコラム > キューン 紹介

キューン 紹介

今回は、【ショップ ダンケ】で、錫製品のキューンをご紹介します。
ドイツ語圏では、錫は、なじみが深い金属です。王様や貴族は、金、銀、庶民は、錫を使うという伝統がありました。
錫は、融点が低く、柔らかい金属なので、教会の儀式用に使うものや、キャンドルホルダー、皿、コップなど実用性に高いものだけでなく、オーナメントや、人形のフィギア、壁飾りなど、インテリアのアクセントになる商品もたくさんあります。
キューン工房は、錫に、エナメルで彩色してあり、ドイツの生活感がわかるデザインで、温かみのある作品が多いのが特徴です。

キューン工房について

写真が出ているのは、息子ミヒャエルさんの奥様で、ウィブケキューンさんです。)
さて、私がウイプケさんの夫、ミヒャエルさんにした質問に答えてもらう形で、工房のことをご紹介します。

錫製品の製造過程

① 材料 錫

キューン工房で使われる錫は、93%無鉛の錫、残り7%は銅が含まれます。
これは、やわらかい性質を持つ錫の補強として、使用されます。
人体に影響を及ぼす鉛は、一切入っていないというのは、キューン社のこだわりです。

② 鋳型制作

ドイツの歴史と伝統を感じさせる民芸調の絵柄を、自社デザイナーが考え、鋳型を制作します。

③ 錫を鋳型に流す

錫は、柔らかい金属で、焼く300度で、溶け出します。溶けた錫を鋳型に流し込みます。
後に述べる【ショップ ダンケ】で、ペンダントに加工している錫は、両面でセットになっています。
冷めたら、型から取り出し、研磨を繰り返して仕上げます。
研磨の過程は、中世以来、伝わる技法で、手間のかかる仕事をして、深みを出していきます。

④ 色付け

この工程は、塗り手職人さんの領域で、エナメルで、色付けしています。
その各色のエナメルも、何色も混ぜ合わせて1つの色を作っているといいます。
色付けは、3回4回と重ねて、細部まで塗っていくので、大きな作品となると、3〜4日かけてやっと、色付けが完成するという、手の込みようです。

⑤ 完成

キューン工房の錫は、鋳型の研磨、色付けも手仕事なので、ひとつひとつ、微妙に一つ一つ違うところもあります。
それは、職人ならではの味というものです。その作品は、ドイツの習俗を感じさせるものであり、錫ならではの質感があります。

壁飾り

キューン社の作品で、インテリアに向くのは、壁飾りです。

日本人好みのモチーフのものを、集めて販売しています。黒い布を敷いた上に、キューンの壁飾りを置くととても映えます。
フォトフレームのガラスの代わりに、黒い布を敷くのものアイデアかもしれません。

錫製オーナメントを、ペンダントに! 【ショップ ダンケ】のアイデア

重厚感がありながら、絵柄の可愛らしく、私達の心を、ギュッとつかむ錫製品です。
キューン社は、錫を、オーナメントとして、販売していたものを、【ショップ ダンケ】は、仕入れました。
しかし、錫のオーナメントを、クリスマスツリーに飾るという発想は、日本人にはないと思い、これに、ひもを通して、ペンダントにすることを思いつきました。

表と裏、両方に彩色されているものを選びました。
お客様には、それに驚きを感じていただけましたし、実際に、つけていて、万が一ひっくり返っても、おかしくはありません。
それに気づいた友人と、話がはずむかもしれません。

オーナメントを、ペンダントトップとして選ぶのですから、ただ、ペンダントにしたときに、落ち着きのあるモチーフの形を選ぶようにしています。小さなモチーフのものは、40cmにアジャスターがついて、45cmのペンダントに。そして、大きなモチーフには、合成の皮ひも90cmをつけました。くくるだけにしてありますから、お客様自身で、長さを調整してもらうことも可能です。

どちらにも、丸カンを通して、ペンダントトップが、スムーズに動くようにしてあります。
これを、台紙を入れ、7cm幅のクリスタルパックに入れて、販売してみると大ヒット!

ペンダント例

クリスマスマーケットなどのイベント会場では、いくつかは飾って見せて、ペンダント用の什器いっぱいに、詰めて販売します。
実際に、ひっくり返して見せて、裏も彩色されているのですよと案内すると、お客様は驚かれ、喜ばれます。
什器いっぱいに並べて出すと、選ぶ楽しみも倍増します。
ハンドメイドなので、同じモチーフでも、まったく同じものがないので、お客様は、目を凝らしてお気に入りのものを探されます。

エルツ木製工芸品は、それだけで完成しているものなので、作品自体を、どう見せるか、並べるかの提案しか出来ませんが、キューンのオーナメントをパーツとして、採用して、ペンダントにしたのは、大正解でした。
仕入れたものに、もう一段階、工夫して、商品化するという楽しみを教えてくれたのが、この錫のペンダントです。
【ショップ ダンケ】にしか販売していない、オリジナル商品といっても、許されるでしょう。

お役立ちコラム

ドイツ製のおもちゃ・雑貨(木製)を大切な方への贈り物は【ショップ ダンケ】へ

店名 ショップ ・ダンケ
住所 〒630-0261
奈良県生駒市 西旭丘12-28-301
連絡先 0743−75−8641
URL http://www.office-danke.com/shop