ハイデルベルク城

10,000円以上お買い上げで送料無料 ※沖縄・離島は別途送料
0743-75-8641

お気軽にお問合わせください 平日10:00〜19:00

店名

ショップ・ダンケ

住所

〒630-0261
奈良県生駒市 西旭丘12-28-301

連絡先

0743-75-8641

トップDankeお役立ちコラム > ハイデルベルク城

ハイデルベルク城

ハイデルベルク城は、プファルツの国を治める選帝侯の居城でした。
ドイツでは、1386年の金印勅書で、7人の選帝侯によって、ドイツ皇帝が選ばれることになっていました。
特にこのプファルツの選帝侯は、その中でも筆頭の地位にあり、ドイツ皇帝が不在のときは、代理を務め、戦争の指図や貨幣を鋳造する権利を持ち、帝国議会の裁判長でもありました。
ヨーロッパ史のなかでも、重要な役割を果たしたのです。

しかし、今見る、ハイデルベルク城は、破壊された古城になっています。
なぜ、そうなってしまったか。それは、17世紀の2度の戦争の被害にあったからなのです。

まずは、30年戦争(1618〜1648)ヨーロッパを巻きこんだ宗教戦争でありましたが、一面では、国家間の闘争でもありました。
しかし、当時の城主フリードリッヒ5世が、英国生まれの妃、エリザベス・スチュワートのために、城に庭園を造り、城の防御施設を、大幅に、縮小したために、容易に、ティリー将軍に、城と町を包囲されることになってしまいました。

ハイデルベルク城が、徹底的な破壊に追いやられたのは、17世紀の後半、プファルツ継承戦争のことでした。
その発端は、以下のようなことです。

フリードリッヒ5世の実子、カール・ルードウィッヒは、娘のリゼロッテは、フランスのルイ14世の弟オルレアン公と政略結婚させられます。
やがてハイデルベルクの城主であった兄のカールが亡くなると、フランス王ルイ14世は、リゼロッテの結婚の際の契約を破り、プファルツは、自分達が相続できると主張しました。
ハイデルベルク側がそれをはねつけたことから、プファルツ継承戦争がはじまったのです。
フランスはメラク将軍の指揮のもと、1689年と1693年と2度、ハイデルベルクを攻めてきました。
特に2度目の1693年の攻撃は、すさまじくハイデルベルクは、灰燼に帰してしまいました。

その後、宗教戦争で敗れたカール・フィリップは、ハイデルベルクを去って、マンハイムに宮殿を建てて移ってしまいました。
次代のカール・テオドールは、城を修復しようと計画したが、1764年工事中、城は落雷により炎上。
修復工事は、中止されることになります。

18世紀後半、城は荒れるにまかされましたが、19世紀になって、フランスのグライムベルク伯が、古城の修復に尽くしました。
ハイデルベルクの住民は、城の石を持ち出して自分達の家を建てていたが、それを禁止に廃墟となったハイデルベルク城の風情は、ロマン主義の芸術家を魅了し、多くの詩人、画家がハイデルベルクに集いました。
特に画家は、この城をモチーフにして作品を発表した。
ネッカー川にある古城跡、古い町並みを、ロマン主義の手法で、描き一派を成しました。

現在、城は、バーデン・ヴュッテンブルク州の財産として管理されています。

城入り口

ハイデルベルク城は、ケーニッヒシュトゥール(550m)の山の中腹にあり、徒歩で上がってくることもできるが、多くの人が利用するのは、コルンマルクト近くのケーブルカーに乗車することです。
コルンマルクトから、「シュロス」駅で、下車。お城の入城料込みで、、7ユーロです。

ゲーテ記念碑

ドイツを代表する文豪ゲーテは、このハイデルベルクを愛し、生涯で8度ハイデルベルクを訪れている。
恋多きゲーテの最後から二番目の恋人が、ハイデルベルクで知り合ったマリアンネ・フォン・ヴィレマーという人で、彼女のことを、ゲーテは、「西東詩集」のなかで、「イチョウの歌」という詩にしています。

ロンデルの手前に、「イチョウ」の木が植わっているのだ。マリアンネは、当時16歳で、踊り子だったという。(ゲーテは、66歳)
木陰に石碑があり、「ここで私は、ゲーテと愛し愛され幸せだった。」という彼女の日記の一部が刻まれています。

ロンデル

ルードウィッヒ5世は、ロンデル「半円砲塔」を築き、城の西側の防御とし、大砲なども設置していました。
ところが、このあたり「砲庭」を、後のフリードリヒ5世が妃のために、「遊園化」したために、プファルツ継承戦争のとき攻め込まれることになりました。お城の全景からみると、半円砲塔が、ごっそり抜け落ちているのが、わかります。

エリザベス門

この門は、「エリザベスの門」といわれ、フリードリッヒ5世が、妃の英国生まれのエリザベス・スチュワートのために造ったものです。
彼女は、この「砲庭」を、気に入って毎朝散歩するのが日課でした。
彼女の19歳の誕生日の朝、夫のフリードリッヒ5世は、彼女を喜ばせるために、一夜のうちに、この門を建てさせ、誕生日のびっくりプレゼントにしたといいます。エリザベスが、大喜びしたのは、言うまでもありません。
二人は、政略結婚であったにもかかわらず、大変仲がよかった。
この門をバックに写真を撮ると、二人にあやかって幸せになるとか。

フリードリッヒ5世は、プロテスタント派の主導者として、ボヘミアに赴くが、翌年「白い山の決戦」にてフェルディナンド皇帝率いる大軍に敗れました。一冬のみのボヘミア王であったことから、「冬の王」といわれます。
最後は、選帝侯の地位を失って排斥され、オランダに落ち延びたという悲劇的な運命をたどった人でした。

チケット売り場

城内部の見学が、希望なら、5ユーロで、チケット購入が必要です。
これは、ドイツ語である程度の人数が集まり次第、行われます。
個人では入れない。ドイツ語、英語のみのガイドについて入れます。
お城の内部は、見応えがあるので、時間があれば、ぜひトライしてみてください。

城門に向かって、右側の橋の欄干の上に、ゲーテの名を刻んだ一枚のプレートが埋め込まれています。
ここには、ゲーテが34歳の時、ハイデルベルクに立ち寄り、この場所から右手に見える、崩れた「火薬塔」を描いたということが記されています。

橋より、少し城の庭の方へ、少し進んで、この火薬塔を見ると、いかにダイナミックに塔が2つに裂け、外側の壁が掘に落ちこんでいるかが、よくわかります。

壁の厚さ6.5m、直径24mで、「プファルツ継承戦争」の時は持ちこたえましたが、その4年後大量の火薬を貯蔵した結果、爆発したのでした。
これを描いたゲーテの絵が有名になって、その実物を見るために、多くの人がハイデルベルクにやってくるようになったといいます。

城門塔

堀の上にかかる石橋は、昔は跳ね橋でした。
城門塔は、度重なる戦争にも耐えて唯一残った塔で、高さ52m、奥行き13.5mあり、時計がとりつけられているところが、4階になります。

庭と城との間には、深い堀があり、平和なときには、鹿などを飼っていました。
非常時には、水を満たすことができ、山側からの敵の攻撃に対する防御になっていました。

城門塔には、2人の巨人とその内側にプファルツの象徴であるライオンがいて、プファルツの盾を持っていたはずであったが、プファルツ継承戦争のとき、フランス軍に持ち去られていまだ、どこにあるかわからないということです。

また、城門には、訪問者が、ノックの合図に使う金属製のリングが取り付けられています。
あるとき、この城の王が、戯れに「この鉄の輪を噛み切る者がいれば、その者に城を与える」と言ったので、大勢が挑戦しましたが、誰一人歯がたちませんでした。
最後にやってきた魔女が、全力で噛み付き、その噛み跡がこれだというのです。
橋をわたってすぐのところに、落し格子の門があり、防御の頑丈さがわかります。

城門塔を過ぎて、入ってすぐ左(画像では右)の廃墟に近い建物が、ルプレヒト館です。

建物は、城最古の住居館で、15世紀の初頭、今から600年前くらいのゴシック様式です。
入り口の左側に、建造主であるルプレヒト3世を表す鷲の紋章が残されています。

ルプレヒト館の入り口のところに、花輪をもった2人の天使の彫刻像があります。
伝説によれば、建築を請け負っていた大工の棟梁の双子の子供が、館の完成直前に、工事場に来ていて、足場を踏み外して死んでしまいました。双子は、悲しみに沈む父親の夢枕に現れたといいます。
翌朝彼が目を覚ますと、昨夜のしおれたバラの花輪が新しい花輪となって、ベットの脇におかれてありました。

そこで大工の棟梁であった父親は、この夢をもとに石の彫刻像を造って、コンパスを彼の職業のシンボルとしてはめこんだとのことです。
ここが、ルプレヒト館の入り口が、ガイドツアーの起点になります。

フリードリッヒ館

正面の華麗な建物が、フリードリッヒ館です。一番、目に入ってくる館でしょう。1607年にフリードリッヒ4世により建てられて以来、代々の選帝侯の居住館であったところです。

ファッサード(正面の装飾)は、黄色の砂岩でできており、歴代の力のあった選帝侯の像が飾られています。
セバスチャン・ゲッツ作のこの16の像は、等身大より少しおおきめで、上の像ほど、足が短い。
下から眺めて釣り合いがとれるように、バランスを考えてそうしてあるということだ。
現在置かれているのはコピーで、オリジナルは風化を防ぐために館内にあります。

下から2番目の一番左に立っているのが、ハイデルベルク大学を創立したルプレヒト1世。
同じ段の一番右が、隣接する右手のオットー・ハインリッヒ館を建てたオットー・ハインリッヒ。

最下段の一番右の目立つところに立っているのが、この館を建てたフリードリッヒ4世です。
フリードリッヒ4世は、大変な大酒のみで有名で、酒のうえでの失敗も多かったらしい。
「一体全体、どうやって俺は、ベッドにたどり着いたんだ。昨日は、ははーん、また一杯やって度を越したんだな、こんちくしょうめ!」と日記に自身で書いているほどです。

日時計のついた細長い建物とその右側の部分は、鏡の館といわれます。
なぜ「鏡の間館」といわれるかというと、最上館にあった広間の壁が、ベネチア産の鏡で覆われていたことからだということです。
この建物は、右手のオットー・ハインリヒ館と調和よく結びつけています。
1764年の落雷で炎上し、三日三晩燃え続けたという話も残っています。

オットー・ハインリッヒ館

オットー・ハインリッヒ館は、1546年オットー・ハインリッヒによって造られました。
彼は、大変な巨漢でありましたが、教養の深い人で、天文学、建築学にも造詣が深く、芸術家のパトロンでもあり、このプファルツにプロテスタントを導入した人でもありました。

オットー・ハインリッヒ館は、正面ファッサードしか残っていないが、これは、ドイツ・ルネサンスの最高傑作といわれています。
それぞれの階の窓と窓との間に像を置くためのニッシェ(ひっこみ)があり、それぞれの像に、オットー・ハインリッヒは、自分の信条を託しています。

すなわち1階には、旧約聖書の英雄、ヨシュア、サムソン、ヘラクレス、デイビッドの5人の像、2階には、5つの徳(権力、聖書、愛情、希望)を象徴する像が立っています。
3階には、農業神である土星、軍神である火星、愛と美の女神の金星、技能神である水星、月の女神の像、そして最上階には、太陽神と神々の王といわれる木星を表す像が立っています。
これらの彫像は、オランダ人アレクサンダー・コーリンにより作られました。

建物の正面入り口は、凱旋門のようで、彼の紋章額と、オットー・ハインリッヒの頭像が、円形のメダリオンに彫られて飾られています。

オットーハインリッヒ館の地階は、1957年に開設された16-19世紀の医学と薬剤に関する貴重な資料が、収められた博物館となっています。
ここの中に入る人は多くないが、18世紀の薬局の棚などを見ていると、この国で、薬学が進んでいる事情に、改めて納得します。

テラス

ここからの絶景は、ハイデルベルクを訪れる人が皆、歓声をあげるスポットです。
眼下には、旧市街の赤い屋根の町並み、ネッカー川の流れ、対岸のハイリゲンベルクの緑の森、一気に飛び込んできて、忘れがたい風情をたたえています。
旧市街を、先に見てきた人なら、聖霊教会や、マルクト広場、アルテ・ブリュッケ(古い橋)などが確認できるでしょう。
テラスからは、フリードリッヒ館の裏側であるが、そこにも装飾が華やかに施されていて、町から眺めた時には、城の正面に見え、とても美しいところです。

このテラスには、大きな足跡というかくぼみが残されています。
伝えによると、選帝侯の妃が、若い騎士を、ベットに引き入れて浮気の真っ最中。
ところが、狩りに出て行ったはずの選帝侯が突如帰ってきて、びっくりした浮気相手の騎士は、取るものもとりあえず靴だけはいて、妃の部屋の窓から飛び降りたときの足跡が、これとされています。
この足跡にぴったり合う人は、浮気人かも?いつも、多くの観光客が、この足跡のまわりを取り巻いていますから、見つけてくださいね。

ワイン大樽

フリードリッヒ館を、左に突き当たったところに、ワインの大樽が収められているところがあります。
このワイン樽は、1751年カール・テオドールが造ったもので、直径7m、長さ8.5mあり、222,000リットルの容量で、木製の樽としては世界一のものです。
樽の上の方に、CとTのカール・テオドールのイニシャルである紋章が飾られており、130本の樫の木からできています。

左右の階段を上がって棚の上の踊り場に上がることもできます。
一回りしてみると、樽の大きさが実感できるので、ぜひ試してください。
当時、税金の代わりとしてワインを納めることができ、この樽におさめられたワインは、いろいろな畑のものが混ざり合い、アルコール度が5%くらいで質的には良くなかったといわれています。

城の最盛期には、常時500-600人の人がいて、一日約2000リットルのワインが消費されたといいます。
ワインは、ポンプでくみ上げることができ、それは階上の宴会場である「王の間」に運ぶことができ、合理的に造られていました。

樽の反対側、壁側にコンパスとカンナが飾られていますが、樽を製作したとき使われたものです。
その下に、小さめの人の像があるが、これは、「ペルケオ」といって、カール・フィリップやカール・テオドールに仕えたイタリア出身の道化師です。一日18本ものワインを飲む大酒のみで、人をからかうことが大好きだったと言われています。

ペルケオの像の横に時計の形をした箱があり、リングを引くと、それは実は、きつねのしっぽが出てくるびっくり箱なのです。
ペルケオは、貴婦人を驚かせて、失神した貴婦人を介抱するのを、楽しみにしていたとか。
彼は、あるとき人にワインの代わりに、水を勧められ、飲んでみてあまりのまずさに驚いて、それが原因で亡くなったといわれています。

最後に、上空から見たハイデルベルク城を見ていただきましょう。
破壊された城でありながら、また、それだからこそ、歴史を感じさせるハイデルベルク城です。
お城の周りも、よい散歩道になっています。
旧市街まで、徒歩で降りてくるのも、また旅の一興です。

お役立ちコラム

ドイツの輸入雑貨をお探しなら【ショップ ダンケ】へ

店名 ショップ ・ダンケ
住所 〒630-0261
奈良県生駒市 西旭丘12-28-301
連絡先 0743−75−8641
URL http://www.office-danke.com/shop